愛は、会社も育む



■今月12日(日)、関係している会社の
創立30周年式典があり、愛媛県松山市へ
日帰りで行ってまいりました。


当日、30周年を祝うと共に、創業者である
お母さまからご長女へ、社長のバトンが渡され
ました。


四国各県はもとより、首都圏ほか、各地から
参加された社員さんたちの笑顔が印象的でした。


会長となった創業者は、今後、海外展開ふくめ
該社のさらなる発展に、より高い視座から貢献
されていかれます。





■多くの会社の事業継承に立ち会っていますが、
企業ごとに心を打たれる思いがあります。


この会社の場合、今回の事業継承に至ったのは、
創業以来、家族を中心とした「愛」に満ちあふれ
ていることが、その大きな要素の一つであると感
じています。


創業者であるお母さまと3姉妹。
わけても、4人の女性たちを大きく包み込む
お父さまは、扇の要のような存在です。





■そのお父さま(以下K氏)は、該社の経営に
携わるほか、ご自身の会社経営もなさっています。


K氏の言動をみていると、日本映画の

『鉄道員(ぽっぽや)』
『遙かなる山の呼び声』
『あなたへ』

などで、高倉健が演じた主人公たちと共通する
以下の特性を感じます。


<男らしさと気概>
正義感が強く、弱者を守ろうとする基本姿勢。
困難な状況下でも決して諦めず、最後まで立ち
向かう強い精神力。


<温厚・几帳面で真面目>
仕事に対する姿勢は真剣で、強い責任感。
しかし、時に融通が利かず、頑固な一面。


<家族思い>
家族を守ることが最優先事項。
妻や子供への愛情が深く、家族のためならば
命をも捨てる覚悟。





■K氏は、いわゆる
『肝(はら)の座った人』なのですが、


筆者の経験から、
『肝(はら)の座った人』になる方法は、
書物や机上からではなく、実践をつうじて
徐々に醸成されていくものと思っています。


すなわち、多くの苦労困難を真正面から受け止め、
常に定まった、ぶれない正しい心を保持しようと、
沈着冷静に正しい判断を模索し続けた人が
『肝(はら)の座った人』に近づいていくのでは
ないでしょうか。





■清朝末期の軍人で、政治家でもあった曽国藩が
「四耐四不訣(したいしふけつ)」という言葉を
残しています。


四耐とは
耐冷(れいにたえ)
孤独や周囲の冷たさに耐えること


耐苦(くにたえ)
辛い状況や苦しみに耐えること


耐煩(はんにたえ)
面倒や煩わしさに耐えること


耐閑(かんにたえ)
閑散とした環境や退屈に耐えること



四不とは
不激(げきせず)
怒りに駆られず、激しい感情を抑えること


不躁(さわがず)
浮ついた気持ちにならず、落ち着きを保つこと


不競(きそわず)
他人と競争心を持たず、謙虚でいること


不随(したがわず)
流行に流されず、自分の信念を貫くこと


つまり、『四耐四不訣』とは、困難に耐え抜き、
感情を穏やかに保ち、謙虚で信念を貫くことが、
事を成すために必要な心構えであると説いた言葉
です。


以上、K氏のようすから古典の『四耐四不訣』を
思い出した次第です。



今日も、皆さまにとって、
最幸の一日になりますように。


日々是新 春木清隆

―――――――――――――――――――――
父親が子どものためにできる
もっとも大切なこととは、母親を愛することだ。
ヘンリー・ウォード・ビーチャー(牧師 1813️~1887)
―――――――――――――――――――――


松下村塾を訪ねて



■先週、兵庫県姫路でスポット仕事がありました。
大回りして、以前から行きたかった山口県萩市の
吉田松蔭ゆかりの地へ行って来ました。


ご存じの方も多いと思いますが、吉田松蔭は、
幕末、松下村塾で有為な人物を育てた人です。


松下村塾から輩出された人たちは、久坂玄瑞、
高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、桂小五郎など
幕末から明治維新、さらには明治新政府の
中心的な役割を果たしました。


今回、彼らが生まれ育った土地を歩き、
改めて感じたことを共有します。






■長州藩は、幕末、4か国連合艦隊
(イギリス・フランス・オランダ・アメリカ)と
戦争をした藩です。


敗北を喫したものの、一藩が列強4か国と戦う
という決断をしたその気概には深い感銘を受け
ます。


その後、長州藩が戦争の経験を活かして開国路線
に転じ、イギリスに接近し、軍備の近代化に努め
たことは注目に値します。


さらに、薩摩藩と同盟を結び、倒幕運動へと舵を
切ったことから、激動の時代において、一見無謀
と思われる行動が、新たな未来を切り拓く原動力
になることを再認識しました。





■そのような、現在と相通じる激動の時代に、
松陰が松下村塾で教えていた期間は、わずか1年
程度でした。


しかし、短い期間にもかかわらず、多くの優れた
人たちが育成された特徴が、現在の人財育成にも
有効であると思われますので、以下に共有します。





【指導者と学習者の関係は対等】
松陰は教師と生徒といった上下の関係ではなく、
「同行者」「諸友」と考えていました。

さらに、松陰は塾生と一緒に餅つきや畑仕事、
寝泊まりをするなど、コミュニケーションを
大切にしていました。



【自主性尊重】
松陰による一方的な講義よりも、塾生同士の
討論が中心でした。塾生が講義を行い、それに
ついて全員で討論する形式もありました。
松陰も討論に加わり、塾生から学ぶこともあった
と言われています。



【行動第一】
松陰は、塾生に対し、
「人間たる者『行動第一』であれ」と説き渡して
いました。

つまり、人間として最も大切なことは行動力であり、
考えただけでは意味がないと強調していたのです。



【飛耳長目(ひじちょうもく)】
飛耳長目とは、遠くの事をよく見聞きする耳目。
観察に鋭敏なことです。


松陰は1851年から1854年にかけて、全国遊学の
旅に出ています。


この旅では、東北から九州まで各地を歩き回り、
当時の日本の実情を詳しく探っています。


その行き先は、北は青森まで足を伸ばし、南は
長崎まで行っています。


わずか5年足らずの間に、歩いた距離は
約13,000kmになります。







■『熱誠』
このような行動力の源泉となったのは、
松陰の誠意あふれる情熱です。


松陰のほとばしる熱意が、門下生や時代に
与えた大きな影響を与えたのだと
今回ご当地を訪ねて痛感しました



以上、最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も、皆さまにとって、
最幸の一日になりますように。

日々是新 春木清隆

―――――――――――――――――――――
自分の価値観で人を責めない。
一つの失敗で全て否定しない。
長所を見て短所を見ない。
心を見て結果を見ない。
そうすれば人は必ず集まってくる。

吉田松陰(幕末の思想家・教育者 1830~1859年)
―――――――――――――――――――――


ゴールデンウィーク雑感



■このゴールデンウィーク中は、自宅で諸準備や
墓参りなどしながらゆっくりと過ごしました。


その中の一日は、マラソンとピクニックの造語と
いわれるマラニックをしてきました。


コースは、日本橋 ~ 駒形 ~ 雷門 ~
上野恩賜公園 ~ 上野東照宮 ~ 
東京藝術大学 ~ 根津神社 ~ 六義園 ~ 
終点の谷中銀座で18㎞。


都内の景色の良い所で休憩し、写真を撮って
新緑と爽やかな風を満喫し、最後は銭湯で
さっぱりと汗を流して帰宅しました。





■今回、都内マラニックをして、脚腰を鍛える
ことの大切さを再認識しましたが、江戸時代
90歳まで現役で活躍した浮世絵師、葛飾北斎の
活動の源泉も健脚にありました。


葛飾北斎は、人生の終盤、長野県小布施に拠点を
設け、83歳から89歳の間に4回、江戸と小布施
を行き来しています。


江戸から長野県の小布施まで約240㎞。
当時、その旅程は、宿場町に泊まりながら
5泊6日が一般的だったようです。


240kmを6日で割ると1日40km・・・。
江戸時代の日本人の健脚と、当時の平均寿命
35~40歳を考えると葛飾北斎の桁違いの活力に
勇気をもらいました。





■このゴールデンウィーク中、勇気をもらった
もう一つは、矢沢永吉の日本武道館150回目
ライブDVDを観たことでした。


かねてから買って、視聴をたのしみにしていた
DVDです。


ご存じの方も多いと思いますが、彼はこのライブ
の時点で74歳。


その圧倒的な存在は、摂生と精進・鍛錬を
何十年にもわたり、積み重ねなければ到達でき
ないものです。


同じ人間として、大いに勇気をもらった次第です。


■さいごに2019年、糸井重里さんとの対談の
一部をご紹介します。



<糸井>  
路地に入ってさ、どっちが正解とか考え出すと、
どんどん知りたくなるからだめだよ。
それより、光の差すほう、っていうだけで。

<矢沢>
すごい抽象的だけど、
「明るい方に行く」っていうのは、
それ、いいかもしれない。

<糸井>
うん。だって、暗い方に行って、
うまく行ったことってある?

<矢沢>
なるほどね。

<糸井>
暗さって、自分の孤独のなかに十分あるから。

<矢沢>
いいこと言うねぇ。
ほんと、そうかもしれないね。
だから、さっきも言ったけど、
ぼくは、迷ったときに
自己暗示をかけるじゃない?

<糸井>
うん。「おまえならできる」って。

<矢沢>
そうそう。
それは、つまり、ひとりのときに、
自分と会話をするわけだよね。
おまえだったら絶対できるよ、
行け、行け、って。
それは、糸井が言ったことと一緒ですよ。
(出所:ほぼ日刊イトイ新聞)


以上、最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

今日も、皆さまにとって、
最幸の一日になりますように。


日々是新 春木清隆

―――――――――――――――――――――
年とるってのは細胞が老けることであって、
魂が老けることじゃない。

矢沢永吉(ロックミュージシャン 1949年~)
―――――――――――――――――――――


「人件費は会社の目的」




■先週は、2社の中期経営計画策定合宿を行い
ました。


その中の1社、2代目30代専務と合宿に向けて
事前打ち合わせをした際の話です。


中期経営計画(以下、中計)の骨子をどうするか
の会話の中で、彼が言ったのは


『給料を上げてやりたいんです。』

でした。


『それにしましょう!』


ということで、高い給料を獲得するためを
中計の骨子の一つに掲げた合宿は、非常に
熱のこもったいい合宿になりました。





■筆者が、上場企業の経営に携わっていた時に
使用した指標に<労働分配率>があります。


ご存じの方も多いと思いますが、労働分配率とは

労働分配率=人件費÷粗利益額

であらわします。


この労働分配率を経営に活用することで、
極めて良い影響と結果を得ることができます。





■ここから、その活用方法を共有します。


以下がA社(架空)の損益計算書です。


10億円の売上高で、営業利益は5千万円。


この場合、労働分配率は


労働分配率=人件費÷粗利益ですから

300,000÷600,000=50%
人件費  粗利益 


で労働分配率は50%です。





■経営計画を立てる際に労働分配率を決めます。
上記A社の場合、50%と設定します。


そして、経営者は

『最大の報酬を獲得しよう!』

と号令を発するのです。


そこで計画される内容は、経費削減などの
縮小均衡方向ではなく、売上と粗利益の増大に
向けた拡大発展方向になります。





■拡大発展方向で、計画された損益計算書が
以下です。


従前に比べ、売上高は10億円→11億円で
110%増。


営業利益5千万円→8千万円で
160%増。

その他販管費は固定費ですので同額です。

労働分配率は50%で変わっていません。


人件費は300,000千円→330,000千円と
10%アップです。


人件費アップの内容は、業績向上によって上昇
した粗利益から、あらかじめ設定してある
労働分配率にしたがって、賞与で還元します。





■労働分配率を経営で活用する際、肝心なことは、
管理会計を機能させて、損益状況を社員さんたち
と共有することです。


どういうことかと言いますと、現在の損益状況が
自分たちの給与にダイレクトに反映されることを
タイムリーに共有することで、社員さんたちの
モチベーションが上がり、仕事での創意工夫が
自発的になされ始めるのです。





■こうなってくると、経営者と社員さんたちの
目的・目標が合致し



「人件費は会社の目的」



であることが実感されます。


すなわち、人件費は経費ではなく、
会社と社員さんたちが「幸せ」になるための
ものであるということです。


以上、最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


今日も、皆さまにとって、
最幸の一日になりますように。


日々是新 春木清隆

―――――――――――――――――――――
「汝の幸せは、他人の幸せによってつくれ。」
ヴォルテール(フランスの哲学者 1694~1778年)
―――――――――――――――――――――


利益は手段



■今週は、顧問先の中期計画策定合宿などで
仙台に4泊となります。


昨日まで行っていた中期経営計画策定合宿は
30代~40代の経営幹部6名が参加し
1年以上先の、2025年6月から始まる計画作りに
着手しました。


この会社は、コロナ禍に過去最高業績をあげる
など着実な成長をし続けていますが、その要因の
一つに、常に先を見越して、先手先手と手を打つ
迅速性・先行管理があります。







■先週、顧問先の会長と話していた時に彼が
発した言葉です。


『春木さん、パーパスって何ですか?
パンパースというオムツなら知っていますが、
パーパス、パーパスと言われても、
私には全然わかりません』


思わず、『ぷっ』っと、
吹き出してしまいました。


この会長は、勉強熱心な方で、パーパス(目的)
の意味も当然ご存知なのですが、カタカナ言葉や
難解な経営用語が氾濫する昨今の風潮を揶揄して
発した言葉でした。





■パーパスに限らず、不測の事態や変化に対応
して、迅速かつ適切に対応できる能力をさす
『レジリエンス』


持続可能な社会や環境を実現するための取り組み
『サステナビリティ』等など


次から次と新しい言葉が生まれ、
そして、泡のように消えていきます。


しかし、わが国では『レジリエンス』も
『サステナビリティ』も『パーパス』同様、
その本質的考え方は、百年以上前から、
機能していました。





■会社の存在目的は、


世の中の役に立つため。


それが、しっかりと認識されずに


利益が目的、


あるいは、目的があいまいになっていることが


多くの悲劇や喜劇を巻き起こしています。





■次から次に出てくる経営用語に右往左往して
いるのは、会社の真の目的を理解せず仕事に
向き合っているからなのでしょう。


会社の目的が、利益を追求することと、
社員さんが認識していると、社員さんは
働くことに辛さを感じるようになります。


何のために仕事をしているのかを
しっかりと示さずにいる会社
しっかりと認識できずに働いている社員さん・・・


業績が芳しくない会社の大本はここにあります。





■日本の資本主義の父といわれ
現在も優秀企業として存在している500社余りの
会社を育てた渋沢栄一はその著書『論語と算盤』
で以下ように述べています。


<以下引用>

その富をなす根源は何かといえば、仁義道徳。
正しい道理の富でなければ、その富は完全に
永続することはできぬ。

ここにおいて論語と算盤というかけ離れたものを
一致せしめることが、今日の緊要の務めと自分は
考えているのである
<引用ここまで>


利益は目的ではなく
あくまでも手段。


百年以上前にその精神でつくった会社が
500社あまり存在していることが、その考えが
間違っていない何よりの証左であります。



以上、最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


今日も、皆さまにとって、
最幸の一日になりますように。


日々是新 春木清隆

―――――――――――――――――――――
できるだけ多くの人にできるだけ多くの幸福を
与えるように行動するのが我々の義務である。

渋沢栄一(実業家 1840~1931年)
―――――――――――――――――――――


Copyright(c) hibikorearata All rights reserved.